【過ごし方編】ap bank fes ’23を満喫してきました

趣味

2023年のap bank fesは、ライブスタートが15時からでした。

時間ぎりぎりに行けばいいの?早く着いたら何をして過ごすの?

初めての参戦で分からないことだらけでしたが、朝から入場したら1日を有意義に過ごすことができたので、タイムスケジュールをご紹介します。

9:00 掛川駅着 

すでに人があふれ始めています。トイレを済ませておきましたが、ここで少し並びました。

シャトルバスは8:30~10:00乗車のチケットです。列に並びます。列は駅の反対側からグルーっと回ってくるように並びます。

なんと、並んでいる途中いきなり雨に降られてしまいましたが、折りたたみ傘を持っていたので大丈夫でした。会場内では傘は危ないですが、1本持っておくと安心です。

9:40 シャトルバス乗車

30分ほど待ってバスに乗ることができました。タクシーもありますが、かなり行列になるので、バスを予約しておいた方が無難かと思います。

10:00 つま恋到着

ついに会場到着です!こんなところに本当に会場があるのか・・?と思ってしまうような場所にありましたが(失礼)、トンネルを抜けるとありました!!

入場ゲートでチケットとリストバンドを引き換えてもらいます。

10:15 グッズ購入

時間が早かったからでしょうか、物販はそこまで混雑していませんでした。

グッズの展示が可愛くてパシャリ。

非常に迷いましたが、エコロジカルアーティスト アリシア・ベイ=ローレル氏デザインのフェイスタオルを購入しました。

Webサイトで見た時はそこまで惹かれなかったのですが、実物が可愛かったので買ってしまいました。

タオルはオーガニックコットンを使用していて、触り心地がいいです。

このフェスのコンセプトにぴったりなグッズですね!!

お目当てのグッズの売り切れが不安な方は、事前に購入したり、モバイルオーダーで東実受け取りにすることをおすすめします。

10:30 フードエリアでご飯

まずは体力をつけるために、ご飯を食べます。

usubaneさんでパクチーとチーズのキーマカレー・レモネードを注文。

フェス飯は少なめのイメージがあるのですが、ボリューム満点で美味しかったです。

ap bank fesでは、カトラリー(箸やフォーク・スプーン)持参を呼び掛けています。

同行者はアウトドア用の深皿も持参していて、ご飯を入れてもらっていました。

洗い場もあるので、ぜひお気に入りのカトラリー・容器を持って行ってくださいね。

※持参しない場合、お店では配布がありません。有料で販売していますのでご注意ください。

パクチーとチーズたっぷりのキーマカレー!元気が出ました☆

この時間のフードエリアはまだ混んでないので、先に食べておくことをお勧めします!

日よけの場所もあるので、ここでできるだけ体力を温存します。

11:00 ライブエリアオープン

ご飯を食べ終わったところで、いったんライブエリアに移動しました。

11時半ごろの時点で、ゆったりエリアの前の方はまだ少し空いていました。

レジャーシートで場所を確保して、マーケットエリアを散策開始!

おしゃれな雑貨屋さんやワークショップなどが出展しています。

途中暑すぎてかき氷でクールダウン 1時間ほど並びました。。

かき氷を食べながらテント下で涼み、ライブに向けて体力を回復させます!

14:30ライブエリアに戻り、待機しました。ドキドキ。。。

15:00 ライブスタート

1曲目の「よく来たね」 全てを包み込んでくれるような桜井さんの温かい歌い方に、思わず涙がこぼれてしまいました。

初日は、Bank Band、Salyu,真心ブラザーズ、Anly、Mr.Children、宮本浩次、小田和正の出演でした。Mr.Children以外はほとんど聴いたことがないので楽しめるかどうか不安でしたが、そんなことも気にならないくらい楽しかったです!!

なにより、小田和正さんがあの御年であんな透き通った声が出ることにとても感動しました。「たしかなこと」を生で聴けたことだけでもap bank fesに来てよかったと思いました。

桜井さん&小林武史のセッションの前に、ブロックから脱出して、

規制退場に引っかからないように少しずつ移動しながら最後の曲まで楽しみました。

19:30ライブ終了

会場からシャトルバス乗り場まで歩いて移動します。

乗り場ではすでに大混雑の行列ができていて、会場とは違い誘導してくれるスタッフも少なかったです。

21:30 シャトルバス乗車

なんと2時間も並びました・・・。乗る直前になって列が二手に分かれていたのですが、なぜか後から並んだ人たちの方がバスに乗れるという理不尽なことが起きてしまっていました。次回はもう少し混雑を緩和できるようにしてほしいです。。

21:50 掛川駅着

無事に掛川駅に到着したのは22時近く・・・そこから電車に乗り、帰宅しました。

以上が今回のスケジュールとなります!!

まとめ

最後に、ap bank fesに来年以降参戦したい人に、わたしからお伝えしておきたいことです。

朝ごはんをしっかり食べるor着いたらまずご飯!→暑さと日差しに勝つにはご飯をしっかり食べておくことが重要だと実感しました。がっつり系のご飯を食べてスタミナ万全にしておきましょう。

トイレは綺麗、混雑しないので安心してください→意外と快適に使えて驚きました。フードエリア近くのトイレは洋式で、内側に鏡もついてました!会場は日影があまりありません。汗拭きシートで体を拭いてすっきりしたら、日焼け止めをしっかり塗りなおしてくださいね。

ライブまでにいかに体力を温存しておくかが重要→朝から入場して、ライブが始まるころにクタクタになってしまったらもったいないです。また、熱中症で倒れて救護室に運ばれている人を何名も見ました。テントなどの日影に入る、冷たい飲み物でクールダウンするなど、できるだけ体力を残しておくことをお勧めします。

帰りのバスが待ち時間が長すぎる→楽しかった1日の終わりになかなかしんどいので覚悟してください。会場を出る前に事前にトイレを済ませておく&飲み物を残しておいた方がいいです。夜で風もだいぶ涼しくなってますが、行列で混雑しているので普通に暑いです。

切符は事前購入orチャージ!→これは私の個人的な失敗なのですが、事前にチャージしておかなかったために大変な目に合いました。自分自身への戒めも込めて。。

なんだかサバイバルみたいなまとめになってしまいましたが、とにかく体力があればライブを全力で楽しめます!!ap bank fesは大変楽しいイベントなので、ぜひ多くの方に足を運んでもらいたいなと思いました。わたしも次回開催を心待ちにしています!

それでは失礼します~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました